永久脱毛を行うメリット

永久脱毛を行うメリット

ただの汗かきは多汗症ではありません

汗かきはいわゆる体質で、一度にかく汗の量が多かったり、暑がりだったりが原因ですが、多汗症は交感神経(自律神経)に異常がおきて、必要が無いのに汗が出る疾病です。
ですので、多汗症の場合は暑くなくても汗が出ます。

多汗症で汗が出やすい体の部位としては、頭、わきの下、手のひらがあります。
特に手のひらはストレスを感じるとよく汗が出ます。
中には全身で多汗になる場合もあります。
生活に支障が出るほどひどくなった場合は、病院で治療が必要です。
多汗症になる原因はストレスですから、ストレス社会の最近は多汗症になる人も増えているようです。

ただの汗かきは病気ではありませんから、多汗症の対策は意味がありません。
多汗症の対策はストレスを減らすことと、自律神経を安定させる食事等ですが、ただの汗かきの場合は、そもそも病気ではないのですから、対策の必要も本来はありません。
気をつけたいこととしては、汗を原因とした匂いでしょう。
特に腋臭の人は汗をかくと匂いがキツくなりますから、できるだけ汗をよく拭き、清潔に心がけなければなりません。

しかし、汗かきは体質と言われても何とかしたいですよね?
汗をかきたくないからと言って、水分を取らない人もいますが、これはからだによくありません。
水分はしっかりと補充しておかないと、脱水症状や、熱中症になることもあります。
制汗デオドラント剤などで対策をしている人もいると思いますが、あまり長時間の効果がないようです。

最近になって永久脱毛が制汗に良いと言われるようになりました。
永久脱毛をする時に、毛穴の中にあるアポクリン腺(汗腺)にも作用して、汗の量が減ると考えられているのです。
特にワキ汗は腋臭等の匂いの原因になりますから、できるだけ抑えておきたいものです。
この制汗の効果を期待してか、最近では男性も永久脱毛をする人が増えているそうです。
汗を抑えることは匂いを抑えることになりますから、腋臭の人には嬉しい美容方法と言えそうですね。

ページのトップへ戻る