永久脱毛を行うメリット

永久脱毛を行うメリット

光脱毛のデメリット

さまざまな脱毛方法よりも痛みが少なく、
料金も安価で、安全性も高い光脱毛にもデメリットはあるのでしょうか。

実は光脱毛の場合、メリットがデメリットにもなりうることがたくさんあります。
脱毛方法の中でより安全性の高いものが光脱毛ですが、
安全性が高いということは、医療用レーザー機器などよりもエネルギーが弱いということです。
エネルギーが弱いということは作用が弱いということにイコールし、
毛の状態や部位などによって脱毛効果が得られないなどという場合が多くなります。

安全性が高い→肌は傷つけないように弱くなっている→脱毛の効果も弱い場合がある、ということになるわけです。
レーザー脱毛と同じように、毛が産毛のように細かったり色素が薄い場合は脱毛の作用も弱くなりますし、
作用が弱いということで、毛根へのダメージも弱く完全に破壊できずに数年後にまた生えてくるなどということもあります。

先ほども触れましたが、レーザー脱毛と同じように細い毛や白髪や脱色した気には効果が見られないことや、
濃い日焼けやもともとの肌の色が濃い人も光脱毛を受けることができません。

毛が細かったり色が薄い場合は、メラニンに対して破壊する効果が得られるものなのでしっかりと作用することができず、
逆に皮膚の色が来い場合などは、皮膚の時点で作用してしまい、肌にやけどを負わせてしまう場合があるからです。
他にもほくろやあざ、さらにはデリケート部分への光脱毛もおすすめはできません。

さらには、やはり熱などを使うもののために、
絶対に安全と言いきれるということはなく、稀に肌にトラブルを起こす場合もあります。
多いものはやはり褐色の肌に対するやけどです。

医療機関ではなくエステサロンなどで気軽に受けられる反面、資格のない技術者の経験などが不足している場合など、
威力の弱い脱毛方法ですので、少しでも効果を与えようと脱毛箇所に近づけすぎてしまったり、
長時間当ててしまって、やけどを起こすなど問い言ったこともないとは言いきれません。

さまざまな方法の中でも安全性が高く信頼できる技術である光脱毛ですが、
それは信頼のできる経験豊富な技術者の手にかかった場合です。

肌に直接作用させる技術だからこそ、ご自身できちんと下調べをして納得した上で施術を受けることが一番です。
ページのトップへ戻る